スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フィジーが熱い!!です。』

20080315_0194.jpg

『南太平洋フィジーに行ってみませんか?』
------------------------------------------------------------------

雨の多い憂鬱な今日この頃ですね。  この梅雨が通り過ぎれば

暑い(熱い)『』がやってきます! 夏休みの海外旅行の計画はお済みですか?

ユニパックツアー福岡支店では、

人気の<ハワイ>はもちろんのこと、同じビーチリゾートでも

今年はフィジーがイチ押しです。

*** フィジーのこと、少しお話させていただきます  ***

時間にとらわれないのんびりとした国民性で、ホスピタリティあふれるフィジーの人々。

すれ違えば誰もが笑顔で『BULA !!(こんにちは)』と声をかけてくれます。

どこに行っても最高に綺麗な海! 遠浅でお子様と一緒でも安心して楽しむことができます。

1年を通して『常夏』を味わうことができるフィジー。  これからの時期は乾期で、

観光拠点となるナンディやママヌザ諸島は雨も少ないため、お天気の心配もありません。

衛生面でも安心。 水道の水も飲料として問題ありません。

(気になる方は、フィジー製のミネラルウォーターも手軽に手に入ります)

もともとイギリス領なので英語が通じます。 もし英語が苦手でも、フィジー人は親日家が

多いため、片言の英語でも一生懸命理解しようとしてくれます。  うれしいですよね。

(そういえば、最近はフィジーへの語学(英語)留学する方も増えてきているようです)

どのホテルも施設が整っていて、それぞれの旅のスタイルにフィットしたおもてなしを

受けることができます。  その充実度にきっとご満足いただけはずです。

滞在中飽きることのないよう、毎日メニューの変わるレストランをもつリゾートも

多く存在します。  メケショーなどの民族的なショーは年配の方からお子様まで

誰もが楽しめて思い出に残ること間違いなしです。


・・・・  少しだけお話をしようと思ったのに

   オススメポイントがありすぎて止まらなくなってきました ・・・   


20080315_0177.jpg

あらためまして

『南太平洋フィジーに行ってみませんか?』

ユニパックツアー福岡 『(コリアンエアーで行く)スマイルアイランド・フィジー 7日間♪』

ユニパックツアー福岡 『(コリアンエアーで行く)スマイルアイランド・フィジー 9日間♪』

上記パッケージツアー(クリックでツアー掲載ページに飛びます)のほかに、

手配旅行(航空券+ホテルクーポン)など、ご希望にあわせたご用意も可能です。

リゾートホテルの資料などもご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。


陽気なフィジアンの笑顔と過ごす島旅♪

きっと憧れの休日が見つかるはずです。


ユニパックツアー福岡は2008夏!フィジーをオススメしていきます。

スポンサーサイト

フィジーマジック(その7)

<フィジー研修旅行のレポートです>


次に視察したのはウェスティン・デナラウアイランド リゾート&スパ です。
 (Westin Denarau Island Resort & Spa)
前回紹介したシェラトンリゾート、シェラトンヴィラと共にビチレブ島西部のデナラウアイランドで
スターウッドホテル&リゾーツが経営する大型ホテルです。

まず印象的なのがアライバル・エリア。玄関口です。
まさに南国ライフへの誘い(いざない)を感じますよね。
20080316_0288.jpg アライバル・エリア

20080316_0282.jpg シェラトンと隣接する敷地。

20080316_0289.jpg フロントロビーの様子

20080316_0290.jpg レストラン


ゆったりとした室内。 アメニティは『ブルガリ(BVLGARI)』です。
20080316_0283.jpg

20080316_0284.jpg


スパに関しては『ヘブンリー・スパ』(HEAVENLY SPA by WESTIN) があります。
ウェスティンブランドならではのこだわりと哲学から生まれた、このヘブンリー・スパ、
ブレスタイルの個室やジャグジーで究極のリラックスを体感することができそうです。
フィジー古来のマッサージとヨーロッパのスパ療法を取り入れた
独自のトリートメントスタイルを展開しています。
20080316_0286.jpg
20080316_0285.jpg
20080316_0287.jpg

1350㎡のトロピカルガーデンに囲まれた環境で最高の癒しを体感してください。

こんなステキなリゾートでリゾートライフを楽しめたら・・・・
想像するだけで疲れが取れそうですね。

上質なバカンス、フィジーなら必ず満足させてくれそうです



         ***** つづく *****            (by 予約課 村岡)


 >>>>> 癒しのビーチリゾート特集 <<<<<

フィジーマジック(その6)

<フィジー研修旅行のレポートです>

夢の島、マナアイランドでの1泊を終え、ナンディのあるビチレブ島へ戻りました。
残る視察先は、
・シェラトン デナラウ ヴィラ 
・シェラトン ビーチリゾート
・ウェスティンリゾート&スパ
・ソフィテルフィジーリゾート&スパ
・フィジービーチリゾート&スパ    です。

----------------------------------------------------

まずはシェラトン・デナラウ・ヴィラ、シェラトンフィジーリゾートの写真からご紹介します。
(Sheraton Denarau Villas ) (sheraton fiji resort)
20080316_0276.jpg 緑豊かなリゾート内

20080316_0280.jpg のんびり過ごせるプールも完備

20080316_0275.jpg やさしいピンクの建物

20080316_0277.jpg 南国ムード漂う室内

20080316_0273.jpg ベットカバーにもこだわりが。

20080316_0270.jpg 清潔感のあるベット。壁もかわいい。

20080316_0274.jpg バスタブもおしゃれです。

20080316_0281.jpg オーシャンフロントのプール

いくつかのタイプのお部屋を見せていただきましたが、どの部屋も個性豊かで
華やかな雰囲気を感じました。
置いてある家具ひとつひとつも選び抜かれたデザインや素材のものばかりで
観ているだけでも楽しくなってきます。

シーフロント、ガーデンビュー、ホテルルームなどご希望にあった部屋を予約して
ゆったりとした時間を過ごすことができそうです。

また、後で紹介するウェスティンリゾートを含め、<ブラバス>と呼ばれる
シャトルバスが運行しているため非常に便利です。
ご滞在の際には是非利用してみてださい。

レストラン、ディスコ、ショッピングアーケードなどどれをとってもフィジー最大級と言われるほど。

結婚式とスパをあわせたパッケージなども人気があるそうです。


           ***** つづく *****                (BY 予約課 村岡)



 >>>>> シェラトンホテルのことが知りたい! <<<<<

フィジーマジック(その5)

<フィジー研修旅行のレポートです。>


メインアイランド、ビチレブ島を離れ、
ママヌザ諸島のマナ島(mana island)へ1泊するために出発です。

■マナ島(MANA ISLAND)について■

ナンディ沖に浮かぶ小さな島々をリゾート・アイランドと呼び、正式にはママヌザ諸島といいます。
中でも、マナ島はリゾートアイランド最大の規模を誇ります。
『マナ』とはフィジー語で『霊的なもの』を表し、神の住む島だと信じられています。
島の東部には聖域として人の立ち入りを禁じている一画もあります。
日本人向けのサービスが充実しているのもマナアイランドの特徴で、キッズプログラムを利用
すれば子供も充分に楽しめます。
フィジー離島での初のチャペルや、最高級ハネムーン・ブレが完成し、
ウェディングとハネムーンを同じ島で楽しむことができるのも魅力です。


------------------------------------------------------------------

高速艇に乗るため、ナンディ、デナラウ・マリーナへ。
20080315_0187.jpg (ターミナル)

20080315_0186.jpg (クルーズ日和?!良い天気!)

(↓)このような高速艇が、マナ島を含め、サウス・シー島、トレジャー島キャスタウェイ島などに
立ち寄って、デナラウ・マリーナに戻ってきます。
20080316_0263.jpg (タイガーⅣ号)

今回利用したのはサウス・シー・クルーズ(South Sea Cruses)のタイガーⅣ号
展望デッキもあり、リゾート感満点の高速艇です。
船内はこんな感じ。 船酔いを心配していましたが全く大丈夫でした。
20080316_0262.jpg (船内の様子)

20080315_0191.jpg (途中で見えた小さな島)

途中いくつかの島に立ち寄り、1時間15分ほどでマナ島へ到着。
リゾートホテルのように、ここでも音楽と歌でお出迎えが。
20080315_0192.jpg

見渡せば水平線。 まさに『離れ島!』=離島です。
今までテレビや写真でしか見たことがない綺麗な海の色が視野に広がります。
桟橋を渡って、いよいよ上陸。
20080315_0194.jpg

20080316_0255.jpg

『ウェルカム!マナ・アイランド』20080315_0193.jpg


まず最初に感じたこと。
それは『まるで時間が止まったような静寂さ。』不思議な感覚です。
視野に入ってくるのは、空、緑、そして海。 余計なものが何もない
完璧なパラダイスです。

マナ島の宿泊施設はマナ・アイランドリゾート、一つだけです。
("one island one resort")
お部屋の視察の前の休憩時間を使ってリゾート内を散策しました。
20080315_0195.jpg BOAT BURE (ボート・ブレ)

20080315_0206.jpg サウス・ビーチ

20080316_0252.jpg ハネムーン・ブレからの眺め

20080315_0203.jpg シー・フロントのお部屋

20080315_0200.jpg リゾート内を散策中

20080315_0207.jpg サウスビーチの夕暮れ

緑豊かな草木と、潮風を感じながら散策しているだけで心が洗われる感じがします。
時間に追われ、ビルのコンクリートに囲まれ、車の騒音を感じながら暮らしている『日常』から
開放されます。  こんなにゆったりとした気分になれるなんて・・・ 
本当にこの島には神様が住んでいるのでは!!  素直にそう思えました。

マナアイランドリゾート、カジュアルなタイプからスイートまでお客様のニーズに
対応できるお部屋が用意されていました。
オーシャンビュー、アイランド・ブレ、ビーチフロント・ブレ、オーシャンフロント・ブレ、
オーシャンフロント・スイート、そしてハネムーン・ブレ。

どのお部屋も南国の雰囲気を大切にした明るい雰囲気で、
バルコニーやデッキからは美しいビーチを一望できます。
南国の雰囲気を静かなブレで満喫。 この上ないくつろぎの時間が流れることは
間違いないでしょう。
20080316_0235.jpg

20080315_0198.jpg

20080315_0196.jpg

20080315_0211.jpg

20080316_0230.jpg

こんなマナ島での1泊。
リゾート内のレストランで郷土料理<ロボ>をいただいたあと、
伝統のショー<メケ>を楽しみました。
20080315_0215.jpg サウスビーチ・レストラン

20080315_0213.jpg フィジアンビールを頂きます。

20080315_0219.jpg 勇壮さを感じる、男性の踊り

20080315_0216.jpg 伝統的な歌に感動

20080315_0220.jpg 女性の踊りは優しい雰囲気

20080315_0223.jpg 最後は皆でスネークダンス


まさに『夢の島』、パラダイスでの1泊はあっというまでした。
次回は絶対仕事以外で来たい!! 絶対にこの島に戻ってくるぞ!と心に誓い
マナ島を後にします。

出発前に、チャペルを視察しました。
20080316_0250.jpg

20080316_0249.jpg

20080316_0248.jpg

南太平洋を一望できるウェディングチャペル。
青い空をバックに建つ純白のチャペルには言葉を失ってしまいます。
-----------------------------------------------------------

昨日渡った桟橋。
マナ島のパワーで自分の中の何かが変わった気がします。
20080316_0256.jpg

行きと同じ、タイガーⅣ号で島を発ちます。
20080316_0258.jpg 出発!

20080316_0259.jpg さよなら!マナ島


ナンディに戻り、ホテル視察は続きます。
マナアイランドリゾートに関しての情報はこちらから → >> マナアイランドリゾート <<



           *** つづく ***                  (by 予約課 村岡)


== コリアンエアー & フィジー  ==

フィジーマジック(番外編)

<フィジー研修旅行のレポートです>

■マナ島のエアー・ストリップ(air strip)■

マナ島に訪れ、ハネムーンブレを見るために島内を移動中に表れた草原。
20080316_0253.jpg (指、写ってますが 

なんと、本島からマナ島を結ぶセスナ機の滑走路なんです。

ただの草原って感じですよね。コンクリートの滑走路より、
こんなじゃり道のような滑走路のほうが摩擦の発生が多くなるため、セスナ機が
止まりやすいそうです。

約700メートルのこの滑走路、夜には満点の星空が観れるそうですよ!

ひとつご注意!
滑走路を横切る際は左右の確認を忘れないようにしてくださいね!!



     **** フィジーのお話はまだまだ続きます ****    (BY 予約課 村岡)

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ユニパック福岡です★

ユニパックツアー福岡

Author:ユニパックツアー福岡
---------------------
★記事や写真の無断転載は
ご遠慮くださいませ★
---------------------

---------------------
大韓航空(コリアンエアー)のことなら
知識豊富な私たちにお任せください♪
---------------------

㈱ユニオンエアーサービス
福岡支店
(ユニパック福岡)

観光庁長官登録旅行業第400号
ボンド保証会員
日本旅行業協会正会員


詳しくはこちらから♪
(支店ホームページ)
http://www.union-air.com/



(スタッフが作った写真集です)



最近更新した記事
リンク
ブログ内検索
WEATHER

-天気予報コム- -FC2-
訪問者数
スタッフブログへようこそ!
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
2554位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
801位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。